太ももやふくらはぎにつきやすいセルライトの原因について

太ももやふくらはぎにつきやすいセルライト原因について

セルライトとは,




お尻や太ももなどに起こりやすく、肌が凹凸状になった醜いぼこぼこしたもの。

その正体は脂肪と老廃物の塊と言われています。

じつは女性にもっとも多い現象なのです。

セルライトの要素は、色々あります。

>>> 脂肪組織に老廃物や水分が溜まったもの

>>> 脂肪細胞同士が付着してできる脂肪の固まり

>>> リンパ液の固まったもの

>>> 成分のほとんどはコラーゲン

など沢山の理由が挙げられますが、未だに研究段階のようです。

セルライトになる原因について

主な原因については、

運動不足で増えたもの


ストレスにおけるもの


代謝の不良からなるもの


偏った食事が続いてなるもの


冷えやむくみによる血行不良からなるもの


老化によってなってしまうもの


などが、セルライトをできやすくする原因です。

そのため、痩せている人にもできるというわけです。

セルライトになる原因 その@運動不足で増えたもの

運動不足は脂肪の増加に繋がり、セルライトができる大きな原因になります。

また、脂肪の蓄積を防ぐためには、筋肉を使うことが大切です。

ある程度の筋肉を維持し、それをきちんと使う生活をすると、基礎代謝が上がり、脂肪が増えにくい体となります。

セルライトになる原因 そのAストレスにおけるもの

ストレスが溜まっていると、アドレナリンやノルアドレナリンというホルモンを分泌させ、血管を収縮させます。

そうすると血流が悪くなってしまいます。

ストレスが溜まれば溜まるほど、ストレス反応に対応するために体内では多くの栄養素が消耗され、神経系、免疫系、ホルモン分泌などにも影響が出てきます。

そのため、セルライトができやすくなってしまうのです。

セルライトになる原因 そのB代謝の不良からなるもの

老廃物や水分がきちんと排泄されないために、体に残ってしまっていると代謝不良になります。

代謝が悪いと、冷えやむくみにも繋がります。

また、老廃物や水分がしっかりと排出されないため、脂肪と一緒になりセルライトが大きな塊になってしまうのです。

セルライトを解消するには、脂肪と老廃物、水分がきちんと排泄されるよう、代謝をよくすることが重要です。

セルライトになる原因 そのC偏った食事が続いてなるもの

脂っこい、または糖分が多い食事を摂りすぎていると、体内に取り入れる脂肪分が多いためセルライトができてしまいます。

また、添加物や保存料が多く使われている食品は太りやすく、脂肪を蓄積しやすいです。

脂肪が溜まってくると血液の循環が悪くなるので、控えることをオススメします。

セルライトになる原因 そのD老化によってなってしまうもの

セルライトは老化現象の一つです。

人間は歳をとるにつれ代謝レベルが低下していきます。

皮下脂肪の下には筋肉があります。老化現象が起こり筋力が低下して、脂肪組織の保持が難しくなると、脂肪そのものの重みがたるみとなって現れます。

このたるみが血管やリンパ線を圧迫し、老廃物の排出を妨げます。

その結果、老廃物と脂肪が混ざり、セルライトができてしまいます。